MUNEシリーズ

Mune シリーズ

 1.「事務所の棚」

  事務所でカバンを置く場所が欲しいとの要望から作りました。

  自由に使ってもらえるようにシンプルに2段の大きな棚のみの構造にしました。

DSC_0118

 2.「休憩所のカウンター」

   元々作り付けてあった2台の小さなカウンターが手狭になってきたので

   1枚の広いカウンターにしました。

   また、画面向かって右側にあったタイムカードを左側に移動することで

   社内文書の掲示スペースが広くなり、スッキリ!しました。

DSC_0114DSC_0115

 

 

 

 

 

 

 

 

これからも新しい MUNE シリーズをお楽しみに!!

カウンター作っています。

こちらはカウンターです。

お店側とお客様側があり、こちらはお店側です。

お客様側のカウンターは別で作成し、手前に取り付けられます。

四角の穴の所にはネタ(?)ケースが入るそうです。

DSC_0109
長さは約10メートルあり、人が立つとこんな感じです。↓

DSC_0111DSC_0112 カウンターの内側は人に擦れて剥がれないように厚張りが施されています。

(ピントが合っていないのは申し訳ありません・・・)

良く考えられていますね(^^)

豪華!!

今日の日替わり弁当は「里の中華弁当」でした。

メニューは 油淋鶏・えびマヨ・シューマイ・餃子甘酢あんかけです。

ゆーりんちー

今日は紙のお弁当箱で届きました。

なんだかリッチな気分♪(#^.^#)

里さんいつもありがとうございます。

ごちそうさまでした!

 

恐竜現る!!

恐竜のオブジェ?

いえいえ違います。これは階段のささら桁です

顔を横に傾けてご覧ください(^^)

DSC_0085

横に並べられても想像がしにくかったので、一つにつなげてもらいました。

DSC_0096

実際に見ると壮大な長さなのですが、写真では(私の技術では)伝わりにくいですね・・・(-_-)

この長さの物をどのように繋げているのかというと

この葉っぱの形をした可愛いビスケットです。

このビスケットは誰でも同じ位置で繋がる様に位置を決める重要なものなのです。

ボルトでがっしり留めれば大丈夫だと思っていたのですが、それでは繋げる人によって位置がズレてしまうそうです。
DSC_0090

最後に階段をイメージしやすいように立ててもらいました
これだとイメージしやすいですね(^O^)
DSC_0097

スプリンクラー

今日の気温は37℃ (+_+)

暑いです~~

工場の屋根のスプリンクラーはずいぶん前から稼働しています。

スプリンクラー

このスプリンクラーは屋根の温度が上がるのを防いでくれています。

そして、屋根から室内に伝わる熱を減らしてくれます。

 

2階に上がってみると・・・

やはり暑いです  (*_*)  が、

スプリンクラーがなかったらもっと暑いのかなぁとも思います。

 

この箱はなんでしょう

DSC_0293

この引き出しはなんでしょう(?_?)
ナゼこんなにたくさん作っているのでしょう(?_?)

実は・・・
これは階段の踏み板なんです。
鉄骨の階段に被せて下から蓋をするという段取りです。

階段

 

← こんなイメージの階段です。

DSC_0296

 

 

 

 

 

下に入っている線はノンスリップの金具が入る溝だそうです。

・・・ということは、

土足で登る階段ということらしいです。
おしゃれですねぇ~(*^_^*)

なぐり加工

なぐり加工2

これはなぐり加工といって丸太や板の表面に道具の痕跡を残し、それを味わいとしてみなす技法でそうです。

この状態で製品として使われるのではなく、これから塗装されて格子として使われるそうです。

うちの工場ではホフマン加工機で格子としてはめ込むための加工を施しているところでした。

仕上部門の課長が試し加工に悪戦苦闘しておりました。

 

NO!残業デー

今日は初めての「NO!残業デー」です。

朝から17時に向けて仕事を進め、

事務所も工場も一斉に帰ることができるでしょうか?

お昼にロコモコを食べてみんなで定時に帰れるように頑張りましょう!(^^)!

ロコモコ

夏が来る

朝、新聞を取りに外に出ると虹がでていました。
DSC_0079
もっと濃い虹でしたが、カメラを取りに行っている間に薄くなってしまいました(-_-)

関東甲信地方では今日、梅雨明けが発表されました。

平年よりも22日早いそうです。

近畿地方もそろそろ梅雨明けになるでしょうか?

また暑い夏がやって来ますね☀

チェーンソー

毎日暑いですね(~_~;)

事務所ではクーラーを入れさせてもらいました。

工場でも冷風機や扇風機がフル稼働しております。

工場の麦茶も夕方の回収時には空の状態で作り甲斐があります(#^.^#)

そんな暑い中でも製造部長の中平さんはチェンソーで大断面を切断しておりました。

DSC_0067

 

この芯材は大黒柱・梁などの大きな製品を作る時に使うそうです。

サイズは約12M×640ミリ×220ミリあるそうです。

大断面

 

by M彦