R枠

アーチ枠を作りました。全部で12台です。

DSC_0117 DSC_0123

 

 

 

 

 

 

 

 

取り付ける場所によってサイズが違うので材料を作るのが大変だったそうです。

↓ 枠の幅が違うと上部アーチ部分の加工が変わってくるそうです。

DSC_0119

 

 

 

 

 

中にガラスが入るのでガラスを押さえる部材も同じ形ですがサイズが異なるので

木口に番号を振ってあります。

DSC_0122

DSC_0118

 

 

 

 

 

 

 

 

作り方としては

①内側の枠に格子を取り付ける

※格子の交差部分にはビスケットを使用し強度を高めています。

②外側の枠に2ミリずらして取り付ける

※それぞれの部材は角に糸面取りを施し、2ミリずらして取り付けることでデザイン的な線が出ます。(削っているのではないのですね (^○^)へぇ~)

DSC_0121

 

 

 

 

 

③下側の部材でフタをする ⇒ ④完成!!

どんなところに取り付けられるのでしょうね。

いつも完成形を見ることができないので見てみたいです。

 

よい休日をお過ごしください

明日、8/11(土)から8/16(木)まで夏期休業です。

今日は朝から大掃除です!

溜まったゴミや汚れを洗い流してスッキリ!!  \(^O^)/

工場のワタナベさんにも手伝ってもらって窓ガラスがとってもキレイになりました。

午後からもうひと踏ん張り頑張ります!

皆様よい連休をお過ごしください。

DSC_0108

ちょっとイイもの!(^^)!

DSC_0108

仕上部門 ヤマガタさんの道具箱達です。

右上は入社直後の作品で、端材で作ったそうです。

その下は2017.11.21の作品です。
ものさし、ノギス、電卓が挿せるようになっています。

DSC_0109

 

 

左の道具箱は蓋がロック出来るようになっています。

開け方は左記の通りです。

良く工夫されていてすごいですね (^^)!

 

丸柱

長さ4メートル、直径30センチの丸柱を作っていきます。

①ランニングプレナーという機械に材料をセットします

☝ポイント:機械にセットするときは材料の中心で押えましょう。中心がズレるとキレイな丸に仕上げることができません。

1533266875540

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

②約1日でこのようになります

DSC_0119

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

③サンドペーパーで表面を仕上ていきます

機械が丸柱を回してくれるので、サンドペーパーを当てるだけでOKです。

表面が滑らかになれば完成です。

DSC_0120

MUNEシリーズ

Mune シリーズ

 1.「事務所の棚」

  事務所でカバンを置く場所が欲しいとの要望から作りました。

  自由に使ってもらえるようにシンプルに2段の大きな棚のみの構造にしました。

DSC_0118

 2.「休憩所のカウンター」

   元々作り付けてあった2台の小さなカウンターが手狭になってきたので

   1枚の広いカウンターにしました。

   また、画面向かって右側にあったタイムカードを左側に移動することで

   社内文書の掲示スペースが広くなり、スッキリ!しました。

DSC_0114DSC_0115

 

 

 

 

 

 

 

 

これからも新しい MUNE シリーズをお楽しみに!!